excitemusic

思いつき更新
by DesignWord
ICELANDia
カテゴリ
全体
授業-須永先生
授業-長谷川先生
授業-池田先生
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


needs(ニーズ)
過去からの経験、知識、現状分析を元にして、外部状況から割り出された必要性
[PR]
# by DesignWord | 2005-03-30 23:09 | 授業-池田先生
wants(ウォンツ)
現在の自分の内部にある情念、将来に対する夢や願望から割り出した必要性
[PR]
# by DesignWord | 2005-03-30 23:08 | 授業-池田先生
concept work
消費者wants又はneedsに基づくデザインの方向性の意志決定
[PR]
# by DesignWord | 2005-03-30 23:08 | 授業-池田先生
Styling design work(スタイリングデザインワーク)
コンセプトを美的要因と人間工学的側面から捉え商品として具体的(数値的)に形として表して行くプロセス

(簡単にいってしまうと、コンセプトのないスタイリングには何の意味も持たな
い:価値がないよねってこと)

スタイリングデザインの3つの要素
1.未来的であり衝撃的独創性のスタイリング
2.独創的ではあるが、違和感を感じさせないスタイリング
3.類似性を持ち、安心感のあるスタイリング

商品開発におけるデザインの経営的、販売的、生産的意志決定
意志決定=良いか悪いかの判断

(陽川)
[PR]
# by DesignWord | 2005-03-30 23:07 | 授業-池田先生
コンセプト
価値のある意味

価値=お金と交換されるモノ
意味=情報、事柄、内容(人、時間、場所、モノ、どうやっての明示)

(陽川)
[PR]
# by DesignWord | 2005-03-30 05:17 | 授業-池田先生
feed back
■返ってくる。反応する。
■思い出す

(梁)
[PR]
# by DesignWord | 2004-09-30 02:17 | 授業-須永先生
concept(コンセプト)
デザインによる価値の提案
(福田)
-----------------------------------------------------------

コンセプトとは「概念」ではない! コンセプトとは「本質」である!

この言葉になんとなくグッとキた…!!
のでのせてみました。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4569623441/250-7758345-9629854

(陽川)

----------------------------------------------------------
「価値のある意味」
私たちがコンセプトといわれるモノの見方、考え方を文字/図で提示して、
「売り物」にするからには、お金と交換できる対価がなくてはいけません
その対価が価値なのです
文字や図などで相手に伝わらなくてはいけません。
と言うわけで、文字や図もしくはパフォーマンスを含めて「意味」なので

(池田)
[PR]
# by DesignWord | 2004-09-29 02:15 | 授業-池田先生
describe
「記述すること」

議論を記述して精度を上げていき、概念を確立さていくこと。

記述していくことで話し言葉(ex:「〜みたいな…」)ではなく、議論の内容がもっと安定した言葉になる。(動かないものにする)

(福田)
[PR]
# by DesignWord | 2004-09-23 02:15 | 授業-須永先生
Solution(ソリューション)
IT用語辞典e-Words http://e-words.jp/ より。

(前略)…意味の広い用語なので、「カスタマイズされた製品」とか「複数の製品を組み合わせたパッケージ商品」などの意味で用いられることもある。…(後略)

問題解決の意。solveの名詞形

「情報デザイン学科で発表する(パッケージングする)作品」を別の言葉で置き換えるとこの単語になりますか?

(丸山)
[PR]
# by DesignWord | 2004-09-20 02:13 | 授業-須永先生
metaphor(メタファー)
隠喩のこと。「〜に見立てる」こと。

例)WindowsやMacintoshの「ごみ箱」
実際ゴミ箱は何かを捨てるための物なので、パソコン上でもユーザーは「捨てられるんだな」ということがすぐにわかる。

(有馬)
[PR]
# by DesignWord | 2004-09-19 02:12 | 授業-須永先生